TOPICS 前のページに戻る
<<ペルチェ効果とは>>
<ペルチェ素子>
 ペルチェ素子とは、直流電流を流すことによって一方の面から他方の面に熱を移動させる効果のある熱電変換デバイスで、冷却と加熱及び温度制御を行うことができる半導体素子のことです。



<ペルチェ素子の原理>
 二つの異種金属を電気的に直列に接合して直流電流を流しますとその接合部分にジュール熱以外の吸熱及び発熱が発生する現象ペルチェ効果といいます。
 原理図のようにp型の熱電半導体とn型の熱電半導体を銅電極で接合し、n型の方から直流電流を流すと、図の上側の接合面から下側の接合面へ熱を運びます。この時に下側の電極から十分な放熱を行うと吸熱作用を連続的に得ることができます。また、電源の極性を逆にすることにより、熱の移動方向も逆になるので冷却・加熱を完全に逆転することが可能です。
 エネルギーの収支を考慮すると放熱量は吸熱量に消費電力を加えた量が必要になります。放熱の手段はアルミ製のフィンにファンで送風する方法が一般的ですが、その他にも液冷式やヒートパイプを用いることも可能で、弊社の製品には最も効率の良い水冷式を採用しています。

 
前のページに戻る